桂ぶどうの木こども園

幼保連携型認定こども園

園聖句

”私はまことのぶどうの木、あなた方はその枝である”

保育方針

キリストの教えに基づき、心から地域の保育を必要とする児童とその保護者家庭の幸せを祈り、児童福祉法の定めるところに従って保育を行う。園は、家庭保育を補完しながら養護と教育を統一した保育の中で、“ともに育ち合う、神と人に愛される子どもに育つ”様、保護者と共に育てていくことを方針とする。

 
 
フォトライブラリー

園の様子

 

2018.09.08

地域の方とのふれあい会(9月7日)

ゆりさんが園を代表して地域の方とのふれあい会に参加しました。はじめに自己紹介をして、「かかとをあげて」の集団遊びを参加して下さった地域の方々と楽しんだ後は、1年かけて練習しとべるようになったなわとびを披露しました。

2018.09.08

はんごうすいさん遠足(卒園児行事)8月25日

亀岡の七谷川野外活動センターに卒園児さんとはんごうすいさん遠足にいきました。はんごうとお釜でごなんを炊いて、カレーライスを作りました。カレーが出来上がるまで川あそびを楽しみました。久しぶりに出会えて懐かしい友達と楽しく過ごす子ども達でした。おなべ5個のカレーがあっという間になくなりました。

2018.08.18

クールキッズシテーションで夏のあそびを楽しみました。

8月1、2、3,6、7日の5日間、地域の方に涼をとりにあそびに来ていただいて夏ならではのあそびを楽しみました。
1日・・・にじみ絵です。真っ白いおさかなをきれいにしてあげようと水生マーカーで飾りを描き、きりふきでシューとお水をふきかけてあそびました。
2日・・・ホイップクリームです。ふわふわしたクリームの感触を楽しみながら、ふうせんに色をつけました。
3日・・・米粉でつくる粘土です。米粉から粘土になるまでの過程も楽しみながら、出来た粘土をまるめたりのばしたりしてあそびました。
6日・・・ゆびえのぐです。感触を楽しむだけでなく、2色の色を混ぜて色が変化する不思議にも出会えました。
7日・・・寒天あそびです。ひんやりした寒天の冷たさを感じながら、指でつついたり、スプーンでかたまりをくずしてあそびました。
あそびを終えると、おたのしみのおやつを食べておしまいです。
毎日たくさんの方に参加して頂き、うれしく思いました。毎月している「園庭開放」や「ぶどうにあつまれ」「おいでよ赤ちゃん」にも来て下さい。お待ちしています。

2018.08.18

寒天あそび(すみれ)

つめたく冷やした寒天でひんやり気持ちよさを感じながらあそびました。寒天のかたまりをつぶしていく時の手のひらに伝わる感触と、指の隙間からつぶれた寒天が出てくるおもしろさに「ウワァー」と声があがりました。小さくなった寒天をカップに入れて「どうぞゼリーですよ」「ぶどうのアイスクリーム出来ましたよ!」とごちそうしてくれました。

今日の給食

公開情報

法人サイトをご覧ください。

決算書などの計算書類のほか、法人内で運営している施設すべてがご覧いただけます。

法人サイトへ

採用活動について

私たちと一緒に働きませんか?

当法人ではキリスト教福祉の実践者として福祉全般に渡って事業所を運営しています。保育園や認定こども園、障がい児の療育支援、障がい者の生活支援などたくさんの職員の力で支えられています。採用特設サイトから現在の求人情報などをご覧いただけます。

採用特設サイトへ


 
for example 

このような取り組みも。

 

人材育成認証制度を取得しています。

きょうと福祉人材育成認証制度

福祉を若者が魅力を感じ、就職したいと思える業界にするために
 

保護者の方は写真の購入ができます。

えんフォト

画像をクリックすると保護者用ログインページに入ります。
 

Access

アクセス

 

〒615-8016
京都市西京区桂久方町114

075-383-5556

Inquiry

お問い合わせ